新本社 新しい方針

マイクロバブル技術の研究開発を通してナノプラネット研究所は社会の発展に貢献します。

弊社は2012年4月より大分県国東市に本社を移転しました。これを契機に次の「新しい方針」で取り組みます。

1.マイクロバブル技術を発展させ,世界に普及させます

そのために,マイクロバブル技術に関する研究開発をより一層発展させます。

また,その成果を生かして技術開発,商品開発に努めます。

2.企業や自治体,地域のみなさんの要望に則して,設計・開発します

研究用の実験装置や技術開発用の装置などを「このような装置があったらよいな」,「こんなことができるとよいのだが,なんとかならないか」などの希望に応えられるよう、最適な提案をします。とくに,農業,漁業など地域産業資源を生かし,「地域おこし」を支援します。

3.「くらし」や自然環境を復元・蘇生させる事業を行います

マイクロバブルは生物に適応する優れた物質です。このマイクロバブルの科学と技術を最高度に生かすことによって、環境蘇生や「くらし」を支援します.とくに,東日本大震災の復興支援に取り組みます。